大会レギュレーション

■ 大会レギュレーション

基本ルール

デュエルマスターズ公式ルールを採用します。
タカラトミー・デュエルマスターズ公式サイト「ルール」項目参照
開催時点で最新の殿堂レギュレーションを適用します。
ただし、本大会では≪カモン・ビクトリー≫をプレミアム殿堂扱いとします。
 
【当日の裁定について】
 
当日カード処理に関する疑問が発生した場合、原則としてQ&A等の公式回答を用いますが、公式での回答が正式に出ていないものに関しては各自ジャッジの判断で処理を行います。
また、このルール確認の間に経過した時間は有効なものとし、対戦時間等の延長は行いません。
ただし、状況に応じ例外的に時間の延長を認めるケースもあります。(故意的な遅延行為が認められる場合など)大会当日ルールに関して質問する時間は設けませんので、疑問がある方は事前にページ下記連絡先から質問を願いします。
 
【対戦に関して】
■先行・後攻
円滑な進行のために先行と後攻を決める際は全てじゃんけんで決めてください。
■ID(インテンショナルドロー、同意の上での引き分け)
認めていません。
本大会では引き分けと言う処置は存在しませんので必ず勝敗が決します。
■投了
投了行為は認可されています。
また、宣言を行われたプレイヤーはそれを拒否する事が出来ません。
 
【観戦及び第三者報告】
 
本大会では観戦を全面的に許可しており、またその際に不正行為及びルール的錯誤を発見した場合のジャッジ報告を認めます。ただし、この際注意点として、必ずジャッジを通していただくようお願いします。
自ら試合を止めたりプレイヤーに声を掛けたりするような真似は絶対にやめてください。

使用可能カード

大会前日までの時点で発売・配布されたカードを対象とします。

対戦方法について

【予選・決勝トーナメントについて】
 
予選は4人1卓でスイスドロー形式のマッチ戦で行います
予選上位1名が決勝トーナメントに勝ち上がります
決勝トーナメントは予選通過者によるトーナメント方式で行います
決勝トーナメント出場者数は参加人数により決定いたします   
制限時間は40分にて行われます。
 
【時間切れの際の処置】
 
制限時間を迎えてゲームの決着がつかなかった場合、下記の処置を取ります。
後攻のプレイヤーのターンまでゲームを続行しシールド枚数が多い方を勝者とします。
それでも決着がつかなかった場合はスペシャルゲームを行い勝敗を決定します。
スペシャルゲームに関しては下記を参照。
 
【決勝戦・3位決定戦】
 
予定表では時間を取りきめていますが、3位決定戦・決勝戦は原則時間無制限で行う予定です。
しかしながら閉場時間等の都合もありますので過度の長考は認められません。
ジャッジの方から注意が入る事もあります。
 
【スペシャルゲーム】
 
ジャッジが用意する10枚のカードの中から裏向きの状態で3枚のカードを選んでいただき、それら3枚のカードのパワーの合計値を競います。
呪文は「0」、パワーアタッカーのような能力による増減は換算せずに計算し、合計値の高い方が勝者となります。
 
山形CS実行委員会